令和3年鏡川アユ特採報告❼

1時間という制限時間の中で、何匹採捕できるか・・・
今期最後となる第8弾目を6月26日(土)、鏡川上流域で行いました。

この調査は、解禁前の河川で、どれぐらいアユが遡上しているか鏡川の遡上の実態を調査し、
高知県に報告することを前提としています。

曇り時々雨の中、最後の特採を始めました。

さて、特採最終日の上流域の状況ですが・・・

弘瀬では、上・中・下に分かれて1時間3名で16㎝~20.5㎝を29匹。
桑尾では、40分3名で16.5㎝~22.5㎝を33匹。
土佐山庁舎前では、1時間3名で16㎝~22.5㎝を30匹という結果になりました。

ただ、冷水病がボツボツ見受けられ、あと2日間の水温が心配されます。

採捕したアユは、内水面センターと高知大学に分け、全てサンプル提供しております。

ダム下流でも、6月20日の追加放流したアユが掛かりはじめており、梅雨明けからは期待できそうです。
そろそろ梅雨明け宣言をお願いしたい鏡川でした。

 

 

令和3年鏡川アユ特採報告❻

1時間という制限時間の中で、何匹採捕できるか・・・
第7弾目を6月20日(日)、鏡川上流域で行いました。

この調査は、解禁前の河川で、どれぐらいアユが遡上しているか鏡川の遡上の実態を調査し、
高知県に報告することを前提としています。

上流域は曇り時々晴れという天候でしたが、釣り日和となりました。


弘瀬では、3名で1時間、16㎝~22㎝で6匹、バラシ4匹ありました。
桑尾では、3名で1時間、16㎝~24センチで25匹、バラシ多数でまるまるしたアユでした。
土佐山庁舎前は、2名で1時間、18㎝~23㎝で14匹、太いアユでした。


土佐山庁舎前は出水してアカも飛んでましたが、全体的に上流は丸々と太ったアユが多数いました。

冷水病のアユも若干見られますが、なんとか良好な状態を保っています。

この特採は高知県の許可を得て、許可を貰った採捕者(組合員)で採捕しています。
そして 採捕したアユは全て 高知大学と高知県内水面漁業センターに 提供 しています。
最初より、その条件で採捕していただける方 を採捕者として許可を貰っています。
決して、採捕したアユを採捕者が持ち帰ることはありませんので、ご理解いただきたいと思います。
また、この調査は解禁日までの調査なので、今月あと1回を予定していますが、
この調査で、冷水病や遡上状況、陸封アユの行動範囲、また解禁日の見直しなどを検討致します。
試し釣りで遊漁者の皆さんに釣果情報をお知らせするものではありませんが、
少しでも、遊漁者の皆さんに役立つ情報を提供させていただいております。
事前のこういう調査をおこなって、その結果で申請を許可していただけるものもあります。
よりよい漁場や規則を作るために遊漁者の皆様さまのご理解が前提となります。
是非とも、ご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

解禁日まで、あと10日の鏡川でした。

 

令和3年鏡川アユ特採報告❸

1時間という制限時間の中で、何匹採捕できるか・・・
第4弾目を5月29日(土)、晴天の中、行いました。

この調査は、解禁前の河川で、どれぐらいアユが遡上しているか鏡川の遡上の実態を調査し、
高知県に報告することを前提としています。

第1弾から第3弾まで、雨や増水で大変でしたが、今回は晴天に恵まれました。

期待して特採に臨みましたが水量は2回目(5月22日)より少なく、中流域の電光掲示板前、鏡庁舎前はゼロ。
畑川は水位が高く、諦めモードで小川口へ。なんとか粘って16匹の成果がありました。

上流は下弘瀬のダムバックウォーターに、A級の2名で挑みました。

川相も良く、入れ掛かりかと思いきや、1級ポイント、30分でもビクともせず、諦め状態でやっと1匹・・・
15㎝の小型が口掛かりでした。
最悪の結果を引きずり、弘瀬橋(上流~アキボシ地区)へ。

昼食後、順調に掛かり16㎝~20㎝を1時間で18匹掛けました。
土佐山上流の桑尾地区、土佐山庁舎前は前回と同じく一番成育も良く、18㎝~21㎝が殆ど。
2箇所で24匹の釣果がありました。

土佐山では上流にアユが遡上し、魚体も体高も大きく、このまま冷水病が出ないことを祈るばかりです。

59匹全て、大学に提供させていただきました。6月1日の解禁の参考になればと思います。

 

令和3年鏡川アユ特採報告❷

1時間という制限時間の中で、何匹採捕できるかという調査、
第2弾を5月22日(土)、第3弾を5月24日(月)に行いました。

まず第2弾の5月22日(土)から。
前日からの大雨で鏡ダム放流もあり中流本流筋での特採は出来ず、出来る場所を探して行いました。

 

上流の土佐山も出水で下弘瀬も高水位でしたが弘瀬では魚影も見えて釣果も本日一番いい結果となりました。
桑尾も前回と同じ場所で竿出ししていただきましたが高水でポイントまで届かず、それでも魚体は20㎝も混ざっていて成育している模様。数匹バラシもありました。
平石は高水でポイントが狭いため、下流のころび石に行ってみましたが、殆どポイントはやれずじまい・・・
中・小の魚影は結構見えていました。

的渕宮前はこちら ↓ ↓ ↓

第3弾の5月24日(月)は、まずこちらの動画から。

本流筋、宗安寺と城ノ平親水公園、鏡庁舎前の3カ所を予定していましたがダム放水で竿出し出来ず急遽、的渕川に移動して
実施してみましたが、こちらも高水位でした。

梅雨の連日の雨で低水温の為、追いが悪い状況が続いております。
本流筋での結果が出なくて残念・・・6月1日の解禁が待ち遠しいです。

2日間の結果はこちらです。

すべてのアユは、冷水病の調査のため、高知大学の今城雅之准教授に提供しました。

 

令和3年鏡川アユ特採報告

5月中旬、今年は九州をはじめ例年より早い梅雨入りとなった高知県ですが、
6月1日から、鏡川のアユ漁が解禁します(鏡ダムから下流)
そこで、先日の5月15日(土)に行いました鏡川の特別採捕結果をお知らせしたいと思います。

鏡川鏡ダム下流と上流の採捕量を調査するための特別採捕で、
調査した場所は、鏡ダム下流、鏡川漁協事務所前・鏡庁舎前・小川口・的渕の4カ所、
鏡ダム上流、下弘瀬・弘瀬・桑尾・土佐山庁舎前の4カ所。

1時間という制限時間の中で、何匹採捕できるかという調査でした。

鏡川は、まだ解禁前。
今年は太平洋側が全域、天然遡上が良くないという情報もあって、釣れないかもしれないという不安もあり、
物部川や新庄川が解禁でしたが、なんとか腕のいい釣り師さんに集まっていただきました。

調査結果は・・・・・

漁協事務所前は減水だったため、コケがくさって泥かぶりの状態。非常に良くない状態でした。
鏡庁舎前は一番の期待場所だったが、ポイントに流木があって非常に釣りづらかったとのこと。この流木は高知土木事務所に撤去していただきます。
小川口は良好で成育もよく、川口~小川口間がいい状態。
的渕神社前は小川口同様、順調に育っており、今年も期待大。
土佐山の弘瀬は下弘瀬ともにアユは見えるが追いが今ひとつ。型はそこそこなので、これからに期待。
桑尾(下桑尾橋付近)は数・型ともに良く、おとりが潜ると直ぐ掛かるという、一番いい状態でした。
最後の土佐山庁舎前は梶谷川と合わせて良好。下流の高川川との合流点は砂が流れ込んでいてポイントが変化していました。

採捕した88匹は、高知大学 今城雅之准教授と高知県内水面漁業センターに振り分け、冷水病と耳石調査をしていただきます。

今回、思ったよりいい結果に終わり、ひとまず胸を撫でおろしました。

今回の調査は6月30日まで続きますので、またご報告したいと思います。

解禁までのカウントダウン、是非、今年のアユ漁のご参考になさってください。

最後に、鏡ダム下流、鏡庁舎前で捕れた鮎の動画です。