第2回友釣りチャレンジ『友釣り甲子園』開催しました!

令和元年8月4日(日)晴天・・・いや、晴天といえば聞こえはいいが、うだるような暑さの夏まっさかり。
そんな中、第2回友釣りチャレンジ『友釣り甲子園』を鏡川上流域、土佐山弘瀬で行いました。

 土佐山中学校跡

友釣り甲子園大会本部 

中高校生の若者達に友釣りの楽しさを知ってもらい、「鏡川」の情報を発信しながら、鏡川の魅力をアピールする友釣りチャレンジ、定員数20名に対し、申込者数20名、参加者数18名で年齢は12歳から17歳。まさに中高校生が集結した『友釣り甲子園』となりました。

今年は、紅一点、初の女の子の参加もあり、大会に可愛い花が咲きました。

午前中は、高知新聞「なんのこっちゃ総合研究所」でおなじみの黒ちゃんこと、黒笹慈幾(くろささやすし)さんに、河川環境と釣りについてご講習いただきました。黒笹さんは、この『友釣り甲子園』の生みの親で、このイベントの成長を温かく見守ってくれている『友釣り甲子園』の名誉会長です。「釣りバカ日誌」の元編集長であり、主人公の浜ちゃんは黒笹さんがモデルと言われるほど釣りに対する愛情をいっぱいお持ちの方です。ご自身の体験を元もとに「釣りバカになってもいいけど、バカ釣り師になっちゃダメ」とお話をいただきました。

続いて、高知県友釣り連盟理事長の内山顕一(うちやまけんいち)さんに友釣りの基本中の基本の知識や河川での注意事項等お話いただきました。この後おこなう実技講習と競技での講師は、友釣り連盟の方も多く、この『友釣り甲子園』は、友釣り連盟の力が大きく、この方々のご協力があってこそのイベントでもあります。

座学講習のあとは、実際河川に出向いていって実技講習です。
    
鼻カンのつけ方や、鮎の泳がせ方、竿の持ち方などを一人の選手に一人の講師、マンツーマンで指導していただきました。

さて、午後からは競技です。友釣りよる制限時間内に釣った鮎の匹数で競い合います。2匹のおとり鮎を受け取って、おのおの好きな場所へ移動。今回の土佐山はずっと天候が良く遊漁者が多かったため、鮎が追わなくなってきていて、水位も下がり、非常に釣りにくい状況になっていました。

    

試合開始から約2時間、戻ってきたものから検量しました。

午前中の実技講習で4匹釣っていたのに、午後からさっぱりだったり、午前中ダメだったところで午後から釣れていたり、今回の土佐山は時間と場所が大きな勝因となりました。

優勝したのは、海洋高校に通う小西広登くん、高校1年生、2時間で11匹の釣果がありました。

賞品は、賞状、優勝のブロンズ、オーベルジュ土佐山の宿泊券、フィッシングハヤシさん提供の大きなクーラーBOX。

準優勝は、中平眞輝くん、13歳。兄弟の参加で堂々の2位。

賞品は、準優勝のブロンズ、㈱シマノさん提供ウインドスーツ。

第3位は、濱田太一くん。今回、参加確定となったあと、自主練をしての参加でした。

賞品は、第3位のブロンズ、㈱グローブライトの大バック。

第4位は濱田航一くん 

第5位が石元泰使くん 

参加者全員に賞品をお渡しすることができました。
鏡川上流域、東川川にあるオーベルジュ土佐山さん、高知では有名な釣具屋のつりぐの岡林さんやフィッシングハヤシさん・オオツ釣具さん、そして、全国で有名な各釣りメーカーさんから、賞品のご協賛をいただきました。

ご協賛いただきました販売店や企業様のお陰で、第2回目となる友釣りチャレンジ『友釣り甲子園』は盛況に終わりました。
本当にありがとうございました。

ギラギラと照り付ける太陽の下、鏡川上流域土佐山弘瀬で若者達が腕を振るった光景は、今回コンセプトにさせていただきました「川へ行く、川を呼ぶ」にふさわしいイベントとなりました。若者の力で、この自然豊かな「鏡川」を活気ある川にしていただけるよう、来年も『友釣り甲子園』を開催したいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

最後に、いいショットがありましたので事務局が勝手につけた題目と一緒にご紹介。
 **雑談1** 

**雑談2** 

 **県外初参加兄弟くん**

 **このショットを見逃すな**

 **はりきってます**

第2回友釣りチャレンジ『友釣り甲子園』大変お疲れさまでした。

 

 

 

 

第23回高知県鮎友釣り大会の様子

令和元年7月28日(日)、第23回高知県鮎友釣り大会が鏡川で開催されました!

当日の朝6時、この日は湿度が高く霧が立ち込めていました。
開催場所の鏡川上流、土佐山弘瀬に集合するも、前日の雨で濁水状態・・・ここまで濁るのは珍しいとのこと。
急遽、開催場所を鏡川中流に変更し、城ノ平親水公園に大会本部を設置しました。

各自、おとりを貰って、いざ出陣。鏡川ダム下流は、今の時期、友釣りやきじ釣りの制限区になっているので、
皆さんに思う存分、腕を振るっていただきました。


ここ最近、鏡ダム下流、中流域はあまり釣れないという情報で、上流の土佐山で釣りたかったという声もちらほら・・・
でも、上流が濁水状態でも、中流は充分綺麗で釣りの出来る状態。
8時スタートから12時までの約3時間、大いに鏡川を楽しんでいただきました。

さて、釣果は、どんな様子でしょう・・・

どの方も意外と大きく18㎝~23㎝が主流、どんどんはみ跡がついて時間が経つほど川の様子が変わっていったそうです。

成績表はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さて、表彰式の始まりです。 

上位入賞者はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

優勝はフィッシングハヤシの中平店長でした。おめでとうございます。

上位表彰のあとは、お楽しみ抽選会。この大会のいいところは抽選会で、必ず景品がもらえるんです。
共催の鏡川漁協からは、鏡川のみで使えるおとり券を一人3千円分10組、協賛させていただきました。組合長賞がビール。

皆さん、暑い中、大変お疲れさまでした!!!

また、鏡川に遊びに来てください

おまけ:1 
おとり鮎を運んできていただいた内水面センターさん、
急な開催場所変更にお付き合いいただき、ありがとうございました。

おまけ:2 
色とりどりのアユ缶、綺麗だったので、ついつい撮ってしまいました。

以上、第23回高知県鮎友釣り大会の様子でした。

 

釣り師やすおさん、土佐山学舎で出前講習② 友釣り体験編

今週、梅雨戻りの予報でしたが、なんとか雨ふらず、
前回、鏡川の土佐山学舎から「4年生に学習の一環として友釣りを体験させたい」のご相談を受け、
ひと役買った鏡川漁協。本番当日となりました。

釣り師やすおさんは、本日もカメラマンのため、姿が見えず・・・・
フィッシングハヤシの方々やがまかつのメーカーさんもお手伝いに来てくれました。

小学生とは言え、なかなか上手に竿を振る子供、おとりアユを上手に泳がす子供、
釣ったアユを取り込む子供さんもいて心配いらずだったそうです。
貴重なお手伝いが出来て、鏡川漁協も何よりでした。土佐山学舎さん、ありがとうございました。

そして、がまかつさん、ありがとうございました。大変お疲れさまでした。

 

 

釣り師やすおさん、土佐山学舎で出前講習

鏡川上流域にある土佐山学舎の先生から「4年生に学習の一環として友釣りを体験させたい」とご相談を受け、
そうなると、どうしても、ひと役買いたい鏡川漁協がお手伝いをすることになりました。
・・・とは言え、いきなり友釣りをするなんて無謀すぎる。
そこで、釣り師やすおさんが友釣り事前学習講師として、本日、土佐山学舎にお邪魔してきました。

だけど、釣り師やすおさんの姿がない!! 自分で撮影していたので、学習会の様子は撮影出来なかったとのことです。
ひと役買ったKさん写っていました。 友釣り本番日は、どうなるのでしょうか。 また次号でお伝えします。

速報!!鏡川上流域情報(動画あり)

本日、高知大学 今城雅之先生の冷水病研究用のサンプル採取で鏡川中流と上流で特別採捕を行いました。
大﨑靖夫さんの「行きあたり、ばったり」でその様子はお知らせしていると思いますが、
こちらでは、その時のアユの釣果量を 速報動画 で皆さんにお知らせします。

まずは、土佐山弘瀬 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続いて、土佐山桑尾 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後は、土佐山庁舎前 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

4人で1時間ぐらいでの釣果です。今年の  鏡川 は上流域が面白い予感です。

 

 

 

鏡川 朝倉堰遡上状況(動画あり)

真夏並みの暑い天気だった今日、鏡川でアユが朝倉堰を遡上している動画を撮影しました。
先日の雨のお陰で、鏡川下流域に溜まっていたアユ達が一気に上がり始めたのです。

潤いを取り戻した鏡川のアユの遡上状況はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これを、イチ早く察知したのが『さんさんテレビ』さん。
取材に来られたアナウンサー藤尾さんに、鏡川漁協からも一言いただきました。

朝倉堰の遡上アユから、高知大学に冷水病調査に提供するアユのサンプルを採捕しました。
6月1日の解禁が待ち遠しい皆さまの気になる サイズ ですが、一番大きいので約12、3㎝、
6月の解禁は、こんなところでしょうか。

あと9日で、鏡川は鏡ダムから下流が 解禁 となります。待ち遠しい 鏡川 です。

 

【祝・令和】鏡川のアユ最新状況

新元号「令和」の年となり、長~いGW休暇も終わりました。

事務所も休業させていただき、皆様には大変ご不便をおかけしましたので、
早速、鏡川の今現在の様子をお知らせしていきたいと思います。

鏡川上流域、土佐山弘瀬、陸封アユの状況です。

放流アユとはあきらかにサイズの違う陸封アユが集団で3グループ確認出来ました。

そして、天神発電所排水路では・・・・

こんな群れが、まだまだ沢山増えてきている状況です。

今年の鏡川は、上流の陸封アユがとても順調で、昨年とは大違い、かなりいい感じです。
このままの調子で、7月1日の解禁を迎えたいものです。

鏡川の遊漁券も絶賛発売中です。お近くの釣具店か漁協事務所、つりチケまでどうぞ!!

 

 

土佐山に行ってきました🎏

平成も残すところ、あと7日となりましたね。平成の最後?に業務で土佐山に行ってきました。

土佐山の『オーベルジュ土佐山』の方に上がっていくと・・・・
 こんな看板があります。その先には・・・

D874E99B-CB52-4C89-812F-5532C8B017FF

空いっぱい、色とりどりの鯉のぼりです。自然豊かな土佐山の青空の中、気持ちよさそうに空高く泳いでいました。

71E8E8DF-EAB7-400C-8C12-5F5E30963B8E

そして、目的地の『オーベルジュ土佐山』に到着。
09D0F664-71B8-4D7F-9FC9-291DCD20F468

今回の御用はこちら♪
E21AEF7B-C353-4B48-A070-4EEF73E17B28

そうです。オーベルジュ土佐山のお隣『とんとんのお店』です。
『とんとんのお店』には、新鮮な野菜のほか、こんなイチゴ箱もあります。
D1785360-F1E4-4EBB-A459-9753230CEAA4

これで、750円!!! お買い得でしょう!!!
時期によっては値段が違うと思いますが、あまりに可愛くて見てるだけで幸せな気分になります。
新鮮なお野菜の他、自家製のゆず味噌やイノシシのお肉もありました。

B90AA185-9FB8-439C-88E0-00389492B41F

548E68C0-8019-47E4-BED0-6243D9C338BF

マイナスイオンいっぱいの土佐山です。是非GWにいかがですか?

 

鏡川上流の遡上状況をお知らせします!

アユ釣り解禁が待ち遠しい皆さん、今年のアユの遡上はどうだろう・・・と心配されていることと思います。
そんな皆さんに鏡川の最新状況をお知らせします。

下流域が渇水の影響で稚アユが遡上出来ず、新月橋辺りでウロウロ。
トリム堰下ではスコアー3.5、500尾~1,000尾までと調査の報告が上がっています。
大きな雨が降れば、一気に遡上すると思いますが、こればかりは天気次第。

では、上流はどうでしょう????
物凄い数の稚アユが肉眼でもはっきり見えております。

こちらが、その動画 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今年の鏡川の上流は昨年と、まるっきり違い、かなりいい状態です。
あと1ヵ月半、解禁が待ち遠しい鏡川です。

 

鏡川 第2弾アユ放流を行いました!

平成31年3月31日(日)、今期一番多い600㎏の鏡川第2弾アユ放流を行いました。

鏡川漁協前、紅葉橋に11時半、多くの関係者の皆様が放流のお手伝いに集まってくれました。

バケツリレーでアユを鏡川に放流します。岡林釣具の会長さんも、お手伝いに来てくれました。

バケツで放流したり、ホースで一気に放流したり・・・・放流の様子です。

つりぐの岡林やフィッシングハヤシの社長さんも手伝ってくれました。

2人揃って、仲よく放流しています。

地域の方々のボランティアによって、鏡川には沢山のアユが放流されているのです。
お手伝いの皆さん、本当にありがとうございました。